川口由一さんの自然農法を行っている、友人(シャンブー)の農園(岡山県)を訪問2泊3日。


誰でもできることを実感!!


この方法の原則は、

(耕さない、肥料・農薬を使わない、草や虫と共存する)

これだけです。


友人が案内する畑は、どのようなものだろう、興味しんしんでついていった。

 

山間の奥深く、小さな棚田と畑があった。

細い道連なる小山を越え川の流れる棚田に出た。


私は小さな庭で、木や花を植え時に野菜も育てている。

虫で全滅することもある。

 

正直、この雑草の生えた畑で野菜が取れるとは思えない。


私:「農薬や、肥料をまいていないの?」

「水は?」

友人:「何もしません、苗木を育て、雑草の中に植えるだけです。」


少しの管理(草が苗を超えるぐらいに育ったら、

日をさしこめるスペースを作るだけです。)

 

 

エンドウ豆、さやえんどう、スナックエンドウ、

豆類は普通の大きさに育っている。


レタスに、虫が一匹も付いていない!!

驚きでした。


良く観ると、地面には、小さな蜘蛛がたくさん。

人がカマ一つで野菜を育てることができることを理解できました。


小さな畑の中に自然の法則があり、

宇宙の法則に繋がります。


宇宙から生み出された私たちのも生死があります。


自然に生きるこの生命の循環に従えば、

世の中の全ての問題もないように思えます。


人のために無償の奉仕をしている植物たちから学ぶことは多くあり、

ヨガ哲学がここにあると思いました。