マインドフルネスとヨガの瞑想の違い?

 

意味は、マインド(心)を満たすこと。心を満たすと、幸せに感じます。そのために行う瞑想のことです。瞑想はインド5000年の歴史がありますが、マインドフルネスは最近の言葉。ヨガの瞑想とどう違うのでしょうか?ヨガの瞑想のディヤーナ(禅)、パタンジャリの8支則の7番目、サマディの前の段階と同じと考えていいでしょう。意識を5感にくくりつけると、雑念が減少します。脳の情報処理を少し緩めることにより四六時中動き回る心を休め回復させる効果があります。私のヨガでは、目と目の間眉間を目を閉じてみます。呼吸に意識を置いてもよいでしょう。穏やかな時が流れ、心は解放され、満たされていきます。座って簡単に行えるのがマインドフルネス。ヨガでは、呼吸、ポーズをとり、瞑想をします。ヨガは、深く心を満たすことができ、皆さんは、もうすでに皆さんは最強マインドフルネスをヨガにおいて行っています。