八支則(パタンジャリのヨガスートラ)

伝統的なヨガの流派である、ラージャヨガの八支則です。パタンジャリ・マハリシにより約1600年前、ヨガというものをヨガスートラに編纂し、アシュタンガ(8つの枝)にわけました。ヨガとは、悟るためのツールで、個々の人類が魂をキレイにし、すべてのストレスから解放され自由になることにより、輪廻の輪から解脱する方法を解いています。八つの段階を経、悟り、解脱に至るといわれます。

 

 

❶ヤマ(してはいけないこと)

1、アヒムサ 非暴力(誰も傷つけない)

2、サティア 正直(うそをつかない)

3、アスティア 不盗(相手の時間も盗まない、嫉妬しない)

4、ブランマチャリ 禁欲(貪欲でない)

5、アパリグラハ 不貪(自分の所有にしない)

 

❷ニヤマ(積極的に行うこと)

1、サウチャ 清潔(心や体をきれいに)

2、サントーシャ 知足(満たされている)

3、タパス 苦行(すべてを受け入れる)

4、スヴァディヤーヤ 通読(ヨガ関連の本を読む)

5、イシュヴァラ・プラニダーナ 神への祈念(すべての人やモノとかかわっている、自然を大事に、エ   ゴを放棄する)

 

※ヤマ・ニヤマで道徳心が養われます。瞑想のための準備が整います。満足する、執着しない、受け入れる、手放すなどがキーワードです。ぜひ普段の生活で心がけてください。

 

❸アーサナ

安定した心は安定した姿勢(ポーズ)によって作られる。心を一点に集中して行う。(このころのアーサナは、坐禅です。)現代では、ポーズ(アーサナ)をとるときに、呼吸を心に集中させましょう。

 

 ※坐禅を組みかたは、蓮華座でも、吉祥坐(右足上)でもよいです。座りやすい格好で、坐禅で組んだ足は三角形になり気(プラーナ)の通りを良くします。手はムドラーを組み膝の上に軽く乗せます。ムドラーで組んだ指についてお話します。親指は、真我。人差し指は自分(エゴ)。中指は、カラダ。薬指は、五感。小指は、思考です。本来の自分以外は、すべてマーヤ(幻)をあらわしています。座を組むだけで、ヨガ哲学を表しています。本来の自分は何も変わらないものです。

 

❹プラーナヤーマ

生命エネルギー(プラーナ、気)のコントロールです。呼吸法を覚え気をコントロールします。

 

 ※代表的な腹式呼吸、胸式呼吸、完全呼吸などをつかい、気(プラーナ)の通りを良くします。また、ヨガの独特な呼吸法をつかい、息を止めたりしながら、心とカラダのバランスを調整します。

 (ここらから下4つは、瞑想です。坐禅を組み、手をムドラーにしひざに軽く乗せ、目を閉じ目と目の間、眉間を見ます。)

 

❺プラティヤハーラ

動き回る、思考を客観的にみる段階です。

 

※瞑想の準備段階です。思考は勝手に動きます、その動きを映画を見るように流していきます。次第にその動きを追わないようになります。普段どこでもできるので実践しましょう。また、その思考を誰が創ったか問うこともよいでしょう。自覚といいます。

 

❻ダラーナ

心の内外の雑念を、一つの対象にフォーカスします。呼吸や目と目の間の眉間に集中するのが良いでしょう。

 

 ※動き回る雑念を、一つのものに括り付けます。目を閉じ目と目の間の眉間を軽く見ることをお勧めします。やがて白い丹光が現れますが、気にせず瞑想を続けます。

 

❼ディヤーナ

さらに、感覚、カラダ、考えを超えていきます。

 

※ 毎日瞑想を続けることに意義があります。実践した人しかわからない境地がおとずれるでしょう。

 

❽サマディ

すべてを超越した境地悟りです。時間、空間、因果を超越しています。

ヨガの本来の目的は、8段階目のサマディを目指すものです。

 

梵我一如の世界です。ブラフマン(梵)とアートマン(我)が一つになることです。宇宙には始まりも終わりもない永遠のものであり、すべては一つということが思考ではないところでつながります。人類の目指す究極の至福です。このように段階を経サマディに到達します。みなさも知らず知らずのうちに、どこかの段階にいます。そして、心はいつも争いのない穏やかな状態を求めています。すべての人や物はここに向かっています。それが永遠の真理だからです。

 

※梵我一如(ぼんがいちにょ)とは、梵(ブラフマン:宇宙を支配する原理)と我(アートマン:個人を支配する原理)が同一であること、または、これらが同一であることを知ることにより、永遠の至福に到達しようとする思想。古代インドにおけるヴェーダの究極の悟りとされる。不二一元論(advaita, アドヴァイタ)ともいう。(wikipedia)

 

輪廻とは インドにおいてサンサーラ(梵: saṃsāra)と呼ばれる。サンサーラとは、生き物が死して後、生前の行為つまりカルマ(梵 karman)の結果、次の多様な生存となって生まれ変わることである。インドの思想では、限りなく生と死を繰り返す輪廻の生存を苦と見、二度と再生を繰り返すことのない解脱を最高の理想とする。(wikipedia)

TAISUKE