ヨガの4つの伝統的流派

ヨガの4つの流派(道)とは統のヨガでは、4つの道を学習します。

1カルマヨガ

2ラージャヨガ

3ニャーナヨガ

4バクティヨガ

 




皆さんがよくご存じなのは、2のラージャヨガの瞑想、ヨガのアーサナ(ポーズ)、呼吸法、気やこころのコントロールなどです。ヨガはそれだけではありません。普段の生活の中で伝統的なヨガの教えを学ぶことはこころを穏やかにするためにも意義のあることです。

 

カルマヨガ:無私の奉仕

利己的な考えを排除したこころが求められます。ただ行為の結果に執着しない態度も必要です。

 

ラージャヨガ心とカラダのコントロール、瞑想

パタンジャリの八支則(ヨガのアーサナ(坐禅)、呼吸法、プラーナ(気)のコントロール、瞑想、道徳。)

 

ニャーナヨガ:知識のヨガ

何が有限で何が無限かを識別します。経典の勉強は、バガヴァットギータやベーダ哲学、パタンジャリのヨガスートラをお勧めします。

 

バクティヨガ:献身のヨガ

感情を愛に変え、こころを愛で満たします。苦しんでいる人を助けたり、すべてのものに、感謝する心を学びます。感情をいやし、肯定的な方向へ自ら導きます。ころを神にささげることも有効です。チャンティング、キールタンなどで心を浄化します。

 

これらの学習は、悟るための方法です。悟らなくとも、誰しも、穏やかに過ごしたい、平和に、仲良く暮らしたい、戦争や争いがなくなればいい、エゴをとりたい、恐怖、悲しみ、怒りから解放されたい。誰しも思うこのような、感情や思考をセルフコントロールできるようなれますヨギーは、4つの教えを一生学び続けます。この教えをバランスよく学習できるヨガの団体は、世界にアシュラムラムのある、シヴァナンダヨガです。

TAISUKE