ヨガお勧めの本

ヨガのお勧め本を紹介します。どんなヨガの本でもよいのですが、先ず書店やアマゾンで、一冊読んでみてください。手に取って、しっくりいった本が今のあなたのステージに合った本です。ヨガは理論より実践といいますが、実戦は、ヨガ以外の日常でもできるので、伝統的なヨガの本を、読むことをお勧めします。

 


ヨガ専門書)

お勧め度を、星で表します。(☆☆☆)星が増えるほどお勧めです♪※価格は変動します。良い本で絶版になっている本は、amazonより、ご確認ください。

☆☆☆

ヨーガ入門 佐保多鶴治 

ベースボールマガジン

¥ 1.404

 一番最初に買ったヨガ入門書、伝統的なヨガの体系がわかりやすく書かれています。ヨガ初心者におすすめ。

☆☆☆

インテグラル・ヨガ (スワミ・サッチダーナンダ)

 めるくまーる¥

1.944

これは外せないです。ヨガ哲学を学びたい人のための一冊。パタンジャリのヨガスートラの解説本の中でもわかりやすい本です。 ヨガの瞑想で悟りに至るノウハウ本。「ヨーガは、心の作用を死滅すること」

☆☆☆☆

バカヴァッドギーター 向井田みお 

yogabooks ¥2.376

ヨガ哲学のバイブル。真実の知識とその知識を理解するための方法が、クリシュナ神とアルジェナの会話形式に物語が進められます。生きるための知識(ヒント)がわかります。「君に定められた義務を行うことはできるが、行為の結果はどうすることもできない」

☆☆☆

図解YOGAアナトミー:アーサナ編

レイ・ロング

yoga books

¥3.500

 医師が解説するヨガの機能解剖学      

 

 

☆☆☆

アイアンガーヨガ基本と実践 B.K.Sアイアンガー 

ガイアブックス

¥ 2.800

アイアンガーのヨガポーズ集やヨガ哲学。

☆☆☆

ヨーガ本質と実践

シヴァーナンダヨーガセンター 

ガイアブックス

¥3348

伝統的ないやしのヨガ、シヴァナンダヨガの哲学とポーズ集

 

☆☆☆

史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち 

飲茶 マガジン・マガジン 

¥1.851

東洋の哲人、インドから中国、日本へ渡ったヨガの知識にふれる。

 

☆☆☆ヨガを科学する。

¥1.900

ウィリアム・J・ブロード

晶文社

ヨガの効果と危機を科学的にアプローチ

☆☆☆

ハタヨガの真髄 B.K.S アイアンガー 

白揚社

¥3.564

B.K.Sアイアンガーのポーズ集です。600の写真による解説付き辞典。専門的です。

☆☆☆

唯識に生きる

NHK出版¥905

ヨガインストラクター必見!唯識とは、唯こころであることです。こころに作用があるから止めること。これは、ヨガの核心を書いている本です。人は、五感、思考、カラダが私以外のものをこころで判断します。その私以外のものは、すべて幻想です。真実の私とは、五感、思考、カラダに惑わされない、ダダ見ている存在です。

 

☆☆

シヴァナンダ・ヨーガ入門

シヴァナンダヨーガセンター 

¥2.376

シヴァナンダヨガの入門書

ヨガの呼吸・瞑想百科 B.K.S アイアンガー 

白揚社

¥ 3.240

呼吸法において、プラーナ(気)をコントロールしカラダのバランスをとります。専門的です。

ヨガが丸ごとわかる本 

yogini編集部編 えい出版 

¥1.404

ヨガのすべてがわかる本、わかりやすく書かれています。

☆☆

ヨーガの思想 山下博司 

講談社

¥1.728

ヨガの歴史や哲学が面白く書かれています。

yogaではじめる瞑想入門 

綿本彰 新星出版社

¥ 1.836

瞑想入門の本、わかりやすい。

ブッダを知りたい 頼富本宏 Gakken ¥580

ヨガを行っていた、お釈迦様の素顔と仏教文化のすべて


秘伝マルマツポ刺激ヨーガ 伊藤武 講談社 ¥648

インド秘伝のツボ(マルマ)のポーズや解説

本なら、amazonで購入!!

お求めは、amazonが便利!!

ヨガ情報雑誌)

☆☆

ヨギーニ 

yognini えい出版 

¥1080

ヨガ情報誌

☆☆

ヨガジャーナルyoga journal

ヨガジャーナル日本版 

セブン&アイ

¥1000

ヨガ情報誌


ヨガ哲学に通じる本)

☆☆

ニュー・アース エックハルト・トール  

サンマーク出版

¥2.376

インドのヨガ哲学に通じるこの本は、現代人に真理をわかりやすく解説している。

☆☆☆

自分に気づく心理学 加藤諦三

PHP研究所¥515

ラジオのパーソナリティで、人生相談をしていた加藤諦三の一番心に響いた言葉「人を変えるより、自分を変えましょう」。わけもなく不安になる、人づきあいが苦手……あなたを苦しめる「感情」の正体を解明し、自分自身を見つめ直すキッカケを与える人生論。